2010年02月19日

広告の関連性の重要性

なんか回りくどい言い方してますが…^^;

アフィリエイトサイト等に貼る広告の、ページとの関連性が非常に重要だという事がよく分かる一例を。

先日Google Adsenseのアカウントが抹消されたわけだけど、ポストAdsenseと名高いマイクロアドとYahooアドパートナーをここ1ヶ月ちょっと試してみた。

とあるテーマのページに、今までAdsenseを貼っていた部分に同じ色・形状でマイクロアドとYahooアドパートナーのテキスト広告を貼ってみた。

YahooアドパートナーはGoogleAdsenseと同じような仕組みで、そのページの内容を解釈して同様のテーマのテキスト広告を表示する。一方マイクロアドはページとの関連性はなく、そのユーザーのCookie情報等を参照し、興味のあるだろうテキスト広告を表示する仕組みとなっている。

単価はともかくクリック率は同等のものになると予想してたんだけど…。

結果は惨めもいい所。Adsenseで平均8%ぐらいのクリック率だった場所に同じ色・形状で掲載しているにも係わらず、マイクロアドは5128回の広告表示中たったの2クリック!!0.05%ぐらい?

Yahooアドパートナーの方は3513回の広告表示中、こちらもたったの12クリック!!0.3%ぐらい?

コレ、購買率(コンバージョン率)じゃないですよ!?クリック率ですよ!精度が低すぎるでしょう!

もちろん1クリックあたりの単価が安いので、収入も惨めなものに…。月額8000円ぐらいは期待した広告スペースなのに50円も行っていない!


いかに、Google Adsenseがそのページに関連性の高いテキスト広告を表示していたのか、またクリック率は配置の問題じゃなく、そのページとの関連性が重要かが分かった。




posted by もっす at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。